ホーム > 生徒さんの声

生徒さんの声Students voice

社交ダンスのすすめ【70代男性】

 普段は体を動かすのが苦手の私は、寝転びながら本を読んだり、音楽を聴いたり、椅子に座ってモールス符号を打ったり(アマチュア無線)するのを楽しみとしています。そんな私が体を動かすのが散歩と社交ダンスです。散歩は毎日「健康のため」という義務感のような感じで歩きますが、社交ダンスは本当に楽しんで動いていています。

 ダンスは、音楽にのって動くというのが魅力の一つとも思いますが、試しに散歩の時に行進曲を聞きながら歩いてみたこともあります。しかし、それほど楽しい感じはありませんでした。

 社交ダンスは「異性と共に、名曲にのって踊る」ということに最大の魅力があると思います。

一種のときめきを感じながら、優雅にくるくる回るワルツ、キビキビした動きのタンゴ、スイング感のある音楽で踊るスローフォックストロットや、クイックステップ、ラテンのリズムにのって踊るルンバやチャチャチャ、サンバなど、さらにパーティ用には、話しながらも踊れるブルース、女性のスカートが華やかに舞い上がるジルバなど多彩な種目があるのも魅力です。私はジルバ大好きです。

 踊る目的や場所としては、競技ダンスを目指す人、各教室での発表会で踊るのを目指す人、いろんな会場で行われるダンスパーティを楽しむ人、ダンスホールに行く人などさまざまですが、私の好きなのは、ダンスパーティで自由に踊ることです。全く知らない女性に「お願いします」といって踊ってもらった後、その女性から「もう一曲続けて踊ってもらえますか?」などと、いってもらえることがたまにはあります。こういう時は、自然と鼻の下が伸びてきます。体もいろいろ悪い所もありますが、踊っているときはほとんど忘れています。

 私は夏目ダンス教室に通うようになって約7年になりますが、現在、夏目寿乃先生に週一回レッスンを受けています。明るく楽しい先生ですが、私のことは多分、理屈っぽい(そういう本が好きですから)質問ばかりする「変な生徒」だと思われていると思います。でも寿乃先生は的確に答えてくださいます。「教える事は学ぶ事である」を、和夫先生共々よく心得ておられ、外国の先生などからも猛勉強をされているようで、生徒としては頼もしい限りです。

 ダンスは覚えなければならないことが、たくさんありますが、理論どうりに体を動かす事は、私の運動能力ではほとんど不可能です。でも理論が分かると、ダンスの鑑賞には役にたちます。テレビやDVDなどでダンス番組をみるのも楽しみになります。

 ダンスにはまた、身だしなみに気をつける、といったところもあると思います。オシャレセンスなどまったくないダサい私でも、「女性に一目見られただけで嫌われたくない」という気持ちだけは持っております。

 これから社交ダンスを始めてみようと思われる皆さん、「最初の一歩がもっとも困難である」とはすべての事にあてはまるようです。特に社交ダンスは「異性の前で恥をかきたくない」とは誰もが思うことでしょう。でも始めたばかりの人からプロの先生方まで、恥をかかないで上達した人は多分いないと思います。一歩を踏み出すことであなたの人生が変わるかも知れません。社交ダンスの世界は女性の愛好者が多いので、男性には特にお勧めです。男性は女性より3倍くらい大変だともいわれますが、いつの日か颯爽と踊り、モテモテになることを目指して??・・・いざ・・・・レッツダンス!!   

 (ただし、奥さんまたは旦那さんとの調和はしっかりと考えてください。下に紹介する映画もそれがひとつのテーマです。)

  

「単調な毎日を繰り返していた男が、途中下車した先に待っていた世界は・・・・・」

    

            アメリカ版の映画「SHALL WE DANCE?」 DVDのキャッチフレーズです。

                  リチャード・ギア&ジェニファー・ロペス 主演

            日本版「シャル・ウィ・ダンス?」

                  役所広司&草刈民代 主演

 【70代男性】

初めは不安だったけど、今は楽しんで通っています!【50代男性】

ダンス教室てどんなところだろう‥‥‥まったく様子のわからないまま勢いで入会。初めて他の会員の方とお会いした時にはすごく緊張しました。皆とても上手だったので、ついていけるけるのだろうかとすごく不安でしたが、最初は無我夢中で通いました。優しく親切な仲間のおかげで次第に不安もなくなり、楽しくレッスンに通えるようになりました。後に、互いに背伸びをせず、ダンスを高めあっていける今のパートナーと、カップルレッスンを受けるようになりました。2人の価値観や向上心が同じペースのパートナーとのダンスは、とてもよい刺激になっています。励まし合い、努力をしてうまくできたときの喜びは何とも言えません。この喜びを2人で分かち合いながらこれからも楽しくダンスを続けていきたいと思っています。【50代 男性】

ダンスて本当に素晴らしい!! 【70代男性】

私がダンスと出会ったのは今から10年前でした。

家内はそのころ、サークルでダンスを始めていました。ある日発表会があると云うので、私は写真を撮りに会場に行きました。そこでビックリしたのは、女性のラテンの衣装でした。今では慣れましたが、当時は目のやり場がなかったのを覚えています。現役の時から仕事上、出張ばかりで家を留守がちでしたが、無事定年を迎え自分自身の時間がとれるようになりました。

ダンスはあまり興味がなかったのですが、家内と同じ趣味を持つのも良いと思いこの世界に入りました。

最初は公民館ダンスを約4年ぐらいやりましたが、どうせやるのならプロの先生に教わりたいと思い、夏目ダンススタジオに入会させて戴きました。始めたときは年齢も高かったので姿勢も悪くダンスを踊る容姿ではなかったのですが、日を重ねるたびに楽しくなり、ワルツ、タンゴ、チャチャチャ、ルンバの4種目を踊れるようになりたいと思い頑張ってきましたが、そんな簡単に覚える訳がなく、教わった事をすぐに忘れてしまい、なかなか前に進みません。ダンスパーティーにも誘われましたが、踊りに自信がないため、女性に「踊ってください」の声もかけられず淋しい思いをしてました。

しかしながら先生の指導の下、少しずつですが、それがかなえられる様になりました。当然ながら楽しさが一段と増し、競技会など見に行き、皆上手に踊っているので、私もあのように上手になりたいと思うようになりました。

平服の衣装、正装の衣装も購入して、気持ちもその中に飛び込んで行きました。初級クラスの競技会にも出させて戴き、毎年スタジオの発表会にも出させて戴いています。私たちは年齢も高いですが、家内以外の方とも踊るため、身だしなみと姿勢が自然と良くなってきます。

ダンスは健康にとても良く、足・腰も強くなった気がします。そしてなによりもダンスを通じて多数の友達に出会え交流の場が広がって、大変喜んでいます。ダンスの楽しさ、素晴らしさを、これからも身体の続く限りやって行こうと思っています。現在中部地区にダンスの愛好家が3,000人いると聞いています。そして、ダンス愛好家の輪がもっともっと広がり、ダンススポーツが発展して行く事を願っています。「ダンスて本当に素晴らしいですね」 【70代 男性】

PAGE TOP